本文へ移動

・居宅介護支援

スタッフ紹介

紹介

名前
職分 資格 モットー
満岡恵子 管理者兼
主任介護支援専門員

社会福祉士
在宅医療サポート研修修了
成年後見受任候補者

ボランティア活動からスタートし、特別養護老人ホームとデイサービスの相談員を経験してきました。利用者様の尊厳を重んじ、その方の代弁者として、住みなれた我が家で安心して過ごしていたただけるよう、利用者様の側に寄り添いたいと思っています。
小林美由貴
管理者代理兼
主任介護支援専門員
社会福祉士
介護福祉士
在宅医療サポート研修修了
利用者様と一緒に考え、悩み、その人らしい生活の実現を応援したいと思っております。どうぞ安心してご相談ください。
北條淳
主任介護支援専門員
社会福祉士
介護福祉士
在宅医療サポート研修修了
成年後見受任候補者

利用者様の目標に向かって一緒に前進していきたいと思います。生活を後押しし、時には見守り、安心して在宅生活がおくれるように応援していきます。
中村真二 介護支援専門員
社会福祉士
在宅医療サポート研修修了

利用者様との一つ一つの出会いを大切にしながら、その人らしい充実した在宅生活のお手伝いが出来ればと思っております。
臼見和美 認定ケアマネジャー介護支援専門員
社会福祉士
介護福祉士
在宅医療サポート研修修了
利用者様の声を大事に生きがいを持てるようなサービスを提供していきたいと考えています。
北山智子
介護支援専門員 介護福祉士 利用者様、ご家族と一緒に前を向いて生活できるようお手伝いをさせて頂きたいと思っています。
常木智美幸 介護支援専門員 介護福祉士
在宅医療サポート研修修了
利用者様、ご家族様の思いを大切にし、お一人お一人に応じたより良いサポートが出来るようにしていきたいと思っています。
三浦ますみ介護支援専門員介護福祉士
在宅医療サポート研修修了
利用者様の今まで生きてこられた生活を大切に、そしてこれからの生活を共に考えて、そっと寄り添うことを信条にしています。
鈴木廣美
介護支援専門員
福祉用具専門相談員
福祉住環境コーディネーター2級
利用者様の今までされてきた生活から、私自身も学び、これからの未来を共に作って行けたらと願っております。
満岡弘雄
介護支援専門員 社会福祉士
精神保健福祉士
在宅医療サポート研修修了
福祉用具専門相談員
福祉住環境コーディネーター2級
成年後見受任候補者
工学修士
ミルトン・メイヤロフは「一人の人格をケアするとは、最も深い意味でその人が成長すること、自己実現することをたすけることである」と述べています。この言葉を常に念頭におきながら、利用者様が住み慣れた我が家で安心して暮らすことができるよう支援していきたいと思っています。

勇美記念財団

 平成29年11月23日
 今年は10人で勇美記念財団・第13回在宅医療推進フォーラムに参加しました。当日朝はかなりの雨模様でしたが、会場は熱気に溢れ、発表する先生方の半数以上が指定された時間以上の時間を使って熱弁をふるっておられました。
 基調講演では厚生労働省の濱谷老健局長の「在宅医療・介護連携による地域包括ケアシステムの推進」と題された講演を聴きました。
 
 
 

作品展・秋

如月会の公民館日本画教室29年展にて

平成29年9月25日
如月会の公民館日本画教室29年展にて記念撮影
バックは「日本海 冬」
日本画を始めて32年の松本禮次さんの大作です。
「介護保険サービスを利用し、これからもできるだけ長く絵を描き続けたい。」
力強く語っていただきました。
 

松村様自宅庭にて・・平成29年春

介護保険法抜粋

下記の条文(特に第一条・第二条)を繰り返し読み返し、日々の業務を行うよう努めています。
 
介護保険法抜粋
 
(目的)
第一条
 この法律は、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等により要介護状態となり、入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練並びに看護及び療養上の管理その他の医療を要する者等について、これらの者が尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービス及び福祉サービスに係る給付を行うため、国民の共同連帯の理念に基づき介護保険制度を設け、その行う保険給付等に関して必要な事項を定め、もって国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることを目的とする。
 
 
 
(理念*)
第二条
 介護保険は、被保険者の要介護状態又は要支援状態に関し、必要な保険給付を行うものとする。
2.前項の保険給付は、要介護状態又は要支援状態の軽減又は悪化の防止に資するよう行われるとともに、医療との連携に十分配慮して行われなければならない。
3.第一項の保険給付は、被保険者の心身の状況、その置かれている環境等に応じて、被保険者の選択に基づき、適切な保健医療サービス及び福祉サービスが、多様な事業者又は施設から、総合的かつ効率的に提供されるよう配慮して行わなわなければならない。
4.保険給付の内容及び水準は、被保険者が要介護状態となった場合においても、可能な限り、その居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう配慮しなければならない。
 
*第二条は(介護保険)と示されているが、平成9年12月の事務次官通知により、二条の各規定を位置付けている。
 
 
(国民の努力及び義務)
第四条
 国民は、自ら要介護状態となることを予防するため、加齢に伴って生ずる心身の変化を自覚して常に健康の保持増進に努めるとともに、要介護状態になった場合においても、進んでリハビリテーションその他の適切な保健医療サービスおよび福祉サービスを利用することにより、その有する能力の維持向上に努めるものとする。
 
 
(国及び地方公共団体の責務) 
第五条
 3.国及び地方公共団体は、被保険者が、可能な限り、住み慣れた地域でその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができれるよう、保険給付に係る保健医療サービス及び福祉サービスに関する施策、要介護状態等となることの予防又は要介護状態等の軽減若しくは悪化の防止のための施策並びに地域における自立した日常生活の支援のための施策を、医療及び居住に関する施策との有機的な連携を図りつつ包括的に進めるよう努めなければならない。

ケアマネジャー会議

ケアマネジャー会議について

毎週水曜日の17時~18時は全ケアマネジャーが参加して様々なテーマで発表、意見交換、研修する場です。
中でも定期的に行っているのが、相互ファイルチェックです。ペアを組む相手は、直前に主任ケアマネから発表され、相手のファイルからそれぞれ5冊選び、必要な書類が揃っているか、PC内に書いたものに漏れがないかなど真剣にチェックします。最初は慣れなくてチェックするための時間が相当かかっていましたが、今では短時間でチェックできるようになりました。自分で気づかない漏れとか、記録のアドバイスを受ける良い機会であり、私たちのスキルアップにつながっています。
また、事例検討はもちろん、ヒヤリハットの発表により、体験していないことを疑似体験し、共感することで、今後につなげることができます。
自分で研修してきたことを、伝達する伝達研修は発表する人には良い振り返りとなり、研修時理解できなかったことを人に伝えることで、理解できるときもあります。

*月4回、1年で48回のケアマネ会議によって全員の力の底上げができていると自負しています。

2018 ケアマネジャー会議

ケアマネ会議  30年
10月3日  「認知症そのままでよい」発表
   26日
   19日
   12日
9月  5日 「毒と薬の関係」発表
   29日 各CMからの近況報告
   22日 「腰椎の病気について」発表
       8日 事例検討
8月  1日 西東京市ケアプラン点検行い方の確認
   25日 伝達研修
             「地域リレーションシップ&武蔵野大学渡辺ゼミ」
     18日 事例検討
     11日 デスクネッツネオに変更、操作方法
7月  4日  各CMからの近況報告
   27日 神谷美恵子氏「生きがいについて」3.4回
     19日 神谷美恵子氏「生きがいについて」1.2回
     13日 事例検討
6月  6日  ヒヤリハットの半年のまとめ
     23日 各CMからの近況報告
     16日 MeLL+について・各自データを取りこむ
       9日 事例検討
5月  2日 MeLL+についての説明
     25日 「自立を考える」講演を聴いて発表
     18日 主任ケアマネ研修報告、「検査の基礎知識」発表
     11日 事例検討
4月  4日 法改正に伴い重要事項説明書変更、加算の確認
     28日 各CM担当の利用者の近況報告
     21日 武蔵野市介護保険改定についての説明会報告
     14日 事例検討
3月  7日 介護報酬改定について、「パーキンソン病について」発表
     28日 各CM担当の利用者の近況報告
     21日 気づきの検討会のDVD視聴
     14日 制度改正、加算の確認
2月  7日 皇室のDVDを視聴 
     30日 利用者からの苦情について
     24日 医療費控除の対象となる介護保険下での居宅サービス等の                対価の概要
     17日 現に抱える処遇困難ケースについて 
1月10日 年間計画の調整

ケアマネージャー研修

有限会社ユピテル
〒188-0011 西東京市田無町3-3-7
                    海老沢第1ビル303
TEL.
  居宅支援:042-451-9132
  訪問介護:042-452-9323
  福祉用具:042-452-9228
FAX.  042-451-9140
事業所番号:
1375400205(介護保険)
1313900118(障害支援)
───────────────────
介護相談
居宅介護支援
訪問介護・総合事業等
居宅介護・同行援護等
生活支援(自費)
福祉用具貸与・販売
住宅改修
 
1
8
4
0
3
1
TOPへ戻る