本文へ移動

・訪問介護

スタッフ紹介

 

スタッフ紹介

名前
職分
資格
モットー
梅田友理子
管理者兼
サービス提供責任者
介護福祉士
介護キャリア段位
評価者
用者様の笑顔を引き出せるようなケアを心がけています。そのために「先ず私自身から毎日笑顔を!」をモットーにして
舘林泉
管理者代理兼
サービス提供責任者
訪問事業責任者
介護福祉士
介護キャリア段位
評価者
介護予防運動指導員
「顔見たら安心したよ。」の、安心をお届けできるように日々努力!
茂呂明子
サービス提供責任者
訪問事業責任者
介護福祉士
介護キャリア段位
評価者
利用者様おひとりおひとりに合ったケアが出来るよう心がけております。
菊池佳世
サービス提供責任者
介護福祉士
介護キャリア段位
評価者
美容師
用者様の寄り添い、安心して生活を送れるようなケアを心がけております。
前之園志保
サービス提供責任者
介護福祉士
利用者様がその人らしく日々を過ごせるようなケアを心がけております。
渡辺るみ子
サービス提供責任者
介護福祉士
たくさんの信頼関係が築けるように、心を込めてケアをしたいとと思っております。
竹前由美子
サービス提供責任者
介護福祉士
高齢者入浴
アドバイザー
暖かい雰囲気で接するように、毎日頑張っております
臼井香
主任ヘルパー
介護福祉士
利用者様が心地良く生活できるようなケアを心がけて頑張っております。
藤原冨美子
主任ヘルパー
介護福祉士
常に自身の成長を忘れず、利用者様おひとりおひとりに笑顔になって頂けるケアを心掛けております。
田村智恵子
主任ヘルパー
介護福祉士
出会いを大切に!その方の人生の中で、心に残る一人になれたらいいなと思いながら、ケアをしていきます。
三浦朋子
主任ヘルパー
介護福祉士
沢山の利用者様に関わり、その方が自分らしい生活が出来るようにお手伝いしていきます。

当事業所は特定事業所加算Ⅰを取得しております

特定事業所加算Ⅰの取得要件は下記の通りです

登録喀痰吸引等事業者

登録特定行為事業者(喀痰吸引等)の登録

 従来、喀痰吸引及び経管栄養については、当面やむを得ず必要な措置(実質的違法性阻却)として、一定の条件下、介護職員等による実施を運用(厚生労働省医政局長通知)により認められてきましたが、平成24年4月1日以降は「社会福祉士及び介護福祉士法」の一部改正により登録を受けた喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)において介護福祉士(平成27年から)・認定を受けた認定特定行為業務従事者が認定の際に認められた範囲内の喀痰吸引等を安全体勢が整っている等、一定の条件下で実施することが出来るようになりました。
 
当事業所は平成24年4月1日付登録特定行為事業者として登録されました。

認定特定行為業務就業者表

事業所の特色

事業所の特色

①サービス内容
 最後まで住み慣れた我が家で過ごしたいとの想いから、利用者様のACP(アドバンスケアプランニング)
に沿ったサービスの実施。
痰の吸引や経管栄養を施しながら自宅で過ごされる難病の方々(筋委縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、
多系統萎縮症等)のサービスの実施。
障害者総合支援、(居宅介護、重度訪問介護、同行援護等)地域支援事業(移動支援、生活サポート)の
サービスを実施、提供しています。

※ACP:将来の人生をどのように生活して、どのような医療や介護を受けて最期を迎えるかを計画して、
ご自身の考えを心づもりとしてご家族や近しい人、医療やケアの担当者とあらかじめ表しておく取り組みを
アドバンス・ケア・プランニング(ACP)といいます。


②研修
 サービス提供責任者が中心となって、介護に関る職員が全員集って研修する「ぱーとなーの集い」(今年度はZOOMを使用)看取りケア研修、認知症ケア研修、自立支援研修、介護技術研修、痰の吸引・経管栄養を
はじめとする医療研修、福祉美容研修、フットケアー研修等々を毎年個別研修計画を立てて実施しています。
また、事例やDVDを活用した実技指導も行っています。
医療研修は、勇美記念財団が作成した在宅医療テキストおよび動画を活用したレベルの高い研修を
行っています。




③SNSの活用
  非常勤訪問介護員の直行・直帰によるサービス提供
責任者~非常勤訪問介護員の間の情報共有不足を解決
するため、SNS(MCS)を活用して大きな効果をあげています。
ICTを活用した会議の実施。

ぱーとなーの仲間たち   ~サービスの質の向上に向けた取り組み~

フットケア

移乗介助

介護予防

排泄介助

福祉用具

試乗会

洗髪

昇降機

2021 個別研修記録

R3 2月と3月

研修内容:ベッド上での洗髪
実 施 日:令和3年2月2回と3月1回
研修目的:在宅ベッド上での洗髪方法を学ぶ   

研修報告
  1. 洗髪の仕方
  2. ペットボトルにお湯を用意し温度を確認した後にかけて行くがお湯の流れる位置に注意し手で水の排水の向きを操作する。
  3.  
  4. 泡立てたシャンプーは泡をタオルで拭き取り、少量のお湯で流せるようにする。
  5. ご本人の体調に合わせて行う。襟が濡れる心配がある場合はパットを襟に入れておく。
  6. ケリーパットの作り方
  7. ゴミ袋又はクリーニングのビニールカバーを使用し中にバスタオルなければオムツを巻いて馬蹄形を作り洗濯バサミで固定する。
  8. ビニール袋の先をバケツの中に入れ、排水できるようにする。
  9. 頸椎の圧迫に注意し、馬蹄形の中に頭を置き洗髪

2020 個別研修記録

R2.12月10日

研修内容:高齢者のトラブルを解決する ドイツ式フットケア                         

実 施 日 :令和2年12月10日 13時~       

研修目的:フットケアの重要性と足病について


研修報告        

1.高齢者の足によく見られるトラブル

  外反母趾.巻き爪・陥入爪.足白癬・爪白癬.胼胝(べんち)・鶏眼(けいがん) 

2.足病変  ~足病変を起こしやすい疾患

   糖尿病.閉塞性動脈硬化(ASO).腎不全.関節リウマチなど 

3.フットケア

   効果.種類.高齢者ケアの注意ポイントポイント・正しい靴の選び方 

4.症状別観察ポイント 

  2の足病変ごとの観察ポイント 

5.爪・足の構造  反射区 歩行時の体重移動 

 

足浴の重要性と手順について

1.足浴に使用する道具の使い方 

2.足浴時のお湯の温度や保温や保湿について 

3.足浴の効果について

 

実技 

1.足浴 

2.爪溝の手入れ・爪切り(肥厚爪.巻き爪. コットンケア・テー ピング)初めは付け爪で行い、お互いの爪をケアする 

3.フットトリートメント

足浴バケツの選び方、ニッパーや爪やすりで爪の手入れ、フットトリートメントのデモを見た後、2人一組でお互いのケアを行う事で、力加減の確認ができました。 

※  当日、茂呂の利用者様(鈴木隆子様)にご協力いただき実践も行いました。

R2.12月5日

研修内容:復元納棺師が教える!
     看護・介護職が行うエンゼルケア・死化粧
実 施 日:令和2年12月5日
出席者名:職員
研修目的:在宅での看取りによる
      エンゼルケアを学ぶ  
指導講師:笹原留以子氏 
研修報告在宅での看取りが増えている昨今、
     エンゼルケアも行える介護職に。
 
 

R2.2月1回と10月1回

研修内容:ベッド上での洗髪
実 施 日:令和2年2月1回と10月1回
研修目的:在宅ベッド上での洗髪方法を学ぶ   

研修報告
  1. 洗髪の仕方
  2. ペットボトルにお湯を用意し温度を確認した後にかけて行くがお湯の流れる位置に注意し手で水の排水の向きを操作する。
  3.  
  4. 泡立てたシャンプーは泡をタオルで拭き取り、少量のお湯で流せるようにする。
  5. ご本人の体調に合わせて行う。襟が濡れる心配がある場合はパットを襟に入れておく。
  6. ケリーパットの作り方
  7. ゴミ袋又はクリーニングのビニールカバーを使用し中にバスタオルなければオムツを巻いて馬蹄形を作り洗濯バサミで固定する。
  8. ビニール袋の先をバケツの中に入れ、排水できるようにする。
  9. 頸椎の圧迫に注意し、馬蹄形の中に頭を置き洗髪
 

R2.1月21日(火)

研修内容高齢者のトラブルを解決する ドイツ式フットケア                             
               訪問ケア・ステーション~ease~山崎美香 著
実 施 日:令和2年1月21日(火)
研修目的:フットケアの重要性と実技 
 
研修報告
1.高齢者の足によく見られるトラブル
      外反母趾.巻き爪・陥入爪.足白癬・爪白癬.胼胝(べんち)・鶏眼(けいがん)
2.足病変  ~足病変を起こしやすい疾患
  糖尿病.閉塞性動脈硬化(ASO).腎不全.関節リウマチなど
3.フットケア
  効果.種類.高齢者ケアの注意ポイントポイント
4.症状別観察ポイント 
  2の足病変ごとの観察ポイント
5.爪・足の構造  反射区 歩行時の体重移動 

実技
1.足浴 2.爪溝の手入れ・爪切り(肥厚爪.巻き爪. コットンケア・テー ピング)初めは付け爪で行い、
    お互いの爪をケアする 
3.フットトリートメント
  足浴バケツの選び方、ニッパーや爪やすりで爪の手入れ、フットトリートメントのデモを見た後、2人一組
   でお互いのケアを行う事で、力加減の確認ができました。




有限会社ユピテル
〒188-0011 西東京市田無町3-3-7
                    海老沢第1ビル303
TEL.
  居宅支援:042-451-9132
  訪問介護:042-452-9323
  福祉用具:042-452-9228
FAX.  042-451-9140
事業所番号:
1375400205(介護保険)
1313900118(障害支援)
───────────────────
介護相談
居宅介護支援
訪問介護・総合事業等
居宅介護・同行援護等
生活支援(自費)
福祉用具貸与・販売
住宅改修
 
2
0
1
2
7
8
TOPへ戻る