本文へ移動

・訪問介護

スタッフ紹介

スタッフ紹介

名前 職分 資格 モットー
梅田友理子 管理者兼
サービス提供責任者
 
介護福祉士
介護キャリア段位
評価者
利用者様の笑顔を引き出せるようなケアを心がけています。そのために「先ず私自身から毎日笑顔を!」をモットーにして。
舘林泉 管理者代理兼
サービス提供責任者
訪問事業責任者
介護福祉士
介護キャリア段位
評価者
介護予防運動指導員
「顔見たら安心したよ。」の、安心をお届けできるように日々努力!
渡辺るみ子 サービス提供責任者 介護福祉士 たくさんの信頼関係が築けるように、心を込めてケアをしたいとと思っております。
竹前由美子 サービス提供責任者
介護福祉士
高齢者入浴
アドバイザー
暖かい雰囲気で接するように、毎日頑張っております
茂呂明子 サービス提供責任者
訪問事業責任者
介護福祉士
介護キャリア段位
評価者
利用者様おひとりおひとりに合ったケアが出来るよう心掛けております。
菊池佳世
サービス提供責任者
介護福祉士
介護キャリア段位
評価者
美容師
利用者様の寄り添い、安心して生活を送れるようなケアを心がけております。
臼井香
主任ヘルパー
介護福祉士
利用者様が心地良く生活できるようなケアを心がけて頑張っております。
藤原冨美子 主任ヘルパー 介護福祉士 常に自身の成長を忘れず、利用者様おひとりおひとりに笑顔になって頂けるケアを心掛けております。
田村智恵子
主任ヘルパー 介護福祉士 出会いを大切に!その方の人生の中で、心に残る一人になれたらいいなと思いながら、ケアをしていきます。
三浦朋子 主任ヘルパー
介護福祉士
沢山の利用者様に関わり、その方が自分らしい生活が出来るようにお手伝いしていきます。

登録喀痰吸引等事業者

登録特定行為事業者(喀痰吸引等)の登録

 従来、喀痰吸引及び経管栄養については、当面やむを得ず必要な措置(実質的違法性阻却)として、一定の条件下、介護職員等による実施を運用(厚生労働省医政局長通知)により認められてきましたが、平成24年4月1日以降は「社会福祉士及び介護福祉士法」の一部改正により
 
 登録を受けた喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)において
 介護福祉士(平成27年から)・認定を受けた認定特定行為業務従事者が
 認定の際に認められた範囲内の喀痰吸引等を
 安全体勢が整っている等、一定の条件下で  
                  実施することが出来るようになりました。
 
当事業所は平成24年4月1日付登録特定行為事業者として登録されました。

認定特定行為業務従事者

(2017-10-30 ・ 223KB)

事業所の特色

①サービス内容
 昨年から始まった総合事業と従来からの要支援・要介護、そして障害者総合支援まで、様々な支援を必要としている利用者様がいます。一人暮らしの方や老人世帯、また多くの家族がかかわる世帯と、利用者様を取り巻く環境も多様化しています。最近では、最後まで住み慣れた我が家で過ごしたいとの想いから、難病の方(筋委縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症等)を含めて、痰の吸引や経管栄養をしながら自宅での看取りケアを希望される利用者様も多くなってきました。障害者総合支援では、居宅介護と重度訪問介護および同行援護サービスを提供しています。また、地域支援事業サービスも実施しており、移動支援と生活サポートサービスを提供しています。
 
②研修
 サービス提供責任者が中心となって、介護に関る職員が全員集って研修する「ぱーとなーの集い」、関係する訪問介護員が集う各種研修(看取りケア研修、認知症ケア研修、自立支援研修、介護技術研修、痰の吸引・経管栄養をはじめとする医療研修、福祉美容研修、フットケアー研修等々)を実施しています。また、事例やDVDを活用した実技指導も行っています。医療研修は、勇美記念財団が作成した在宅医療テキストおよび動画を活用したレベルの高い研修を行っています。
 
③MCSの活用
非常勤訪問介護員の直行・直帰によるサービス提供責任者~非常勤訪問介護員の間の情報共有不足を解決するため、MCSを活用して大きな効果をあげています。

ぱーとなーの仲間たち   ~サービスの質の向上に向けた取り組み~

気持ち良い足浴にするために

移乗・洗髪・排泄介助に分かれ研修

介護予防運動。意外と難しいな~

オムツ交換研修

福祉用具の便利な機能や安全性を学びます

足の構造勉強しています

お宅にあるもので対応し洗髪

昇降機を組み立てる事も学びます

エレベーターが無くても大丈夫

アセスメントについて学びます

2018 研修記録

H30.4

研修内容:化粧療法勉強会
実施日: 平成30年4月20日
出席者名:職員
研修目的:化粧療法によるQOLの向上を学ぶ  
研修内容:講師を招き、ご利用者様に提案できる化粧療法を学びまし
     た。
     お化粧する事で、外出意欲やQOLの向上につなげます。
 
 

H30.3月~

研修内容:介護技術と福祉用具
実施日: 平成30年3月~平成31年2月
出席者名 : 伊藤キミイ・笠井恵梨子・早川あかり
       藤川 ゆり・藤田 涼子・道本 利子
研修担当者: 館林 泉・橋本 美和子 
研修目的:介護技術と福祉用具の基礎を学ぶ  
研修内容:毎月第3火曜日に介護技術と福祉用具の基礎を学びます。
     来年2月までを予定しています。
 
     第一回:福祉用具の概要と杖の選定方法・使い方
     第二回:車いす介助のやり方
     第三回:歩行器の選定方法・使い方
     第四回:移乗とスライディングシートを使った移動 
     第五回:排泄介助とオムツの選定
     第六回:口腔ケア
       
 
 

在宅医療勉強会

 在宅で必要な、食支援・認知症・看取り・排尿障害・個々の疾病の特徴(症状)等を、受講するだけで無く、順番に自分が講師となり皆に伝えると言う方法で、内容も学び人の前で話す技術も学ぶために、毎月勉強会を行っています。
 
 

2017 研修記録

H29.12月

研修内容:高齢者のトラブルを解決する ドイツ式フットケア                             
               訪問ケア・ステーション~ease~山崎美香 著
 
 
実施日: 平成29年12月14日(木)10時~11時30分
出席者名 : 藤田涼子
研修担当者: 茂呂明子 
研修目的:フットケアの重要性と実技  
研修内容:        
1. 高齢者の足によく見られるトラブル
          外反母趾.巻き爪・陥入爪.足白癬・爪白癬.胼胝(べんち)・鶏眼(けいがん)
 
2. 足病変  ~足病変を起こしやすい疾患
    糖尿病.閉塞性動脈硬化(ASO).腎不全.関節リウマチなど
 
3.フットケア
     効果.種類.高齢者ケアの注意ポイントポイント
 
4.症状別観察ポイント 
    2の足病変ごとの観察ポイント
 
5.爪・足の構造  反射区 歩行時の体重移動 
 
実技
 
1.足浴
 
2.爪切・フットトリートメント
 足浴バケツの選び方、ニッパーや爪やすりで爪の手入れ、担当者からフットトリートメントを受け、
    担当者に対し実践、順序や力加減を確認しました。 
 

H29.11月

研修内容:高齢者のトラブルを解決する ドイツ式フットケア                             
               訪問ケア・ステーション~ease~山崎美香 著
 
 
実施日: 平成29年11月10日(金)13時30分~15時30分
出席者名 : 笠井恵梨子 、 藤川ゆり
研修担当者: 菊池佳世、 茂呂明子 
研修目的:フットケアの重要性と実技  
研修内容:        
1. 高齢者の足によく見られるトラブル
外反母趾.巻き爪・陥入爪.足白癬・爪白癬.胼胝(べんち)・鶏眼(けいがん)
 
2. 足病変  ~足病変を起こしやすい疾患
  糖尿病.閉塞性動脈硬化(ASO).腎不全.関節リウマチなど
 
3.フットケア
  効果.種類.高齢者ケアの注意ポイントポイント
 
4.症状別観察ポイント 
  2の足病変ごとの観察ポイント
 
5.爪・足の構造  反射区 歩行時の体重移動 
 
実技
 
1.足浴
 
2.爪切・フットトリートメント
  足浴バケツの選び方、ニッパーや爪やすりで爪の手入れ、担当者からフットトリートメントを受け、
  ヘルパー同士が相モデルで実践、順序や力加減を確認しました。
 

H29.9月

研修内容:高齢者のトラブルを解決する ドイツ式フットケア                             
               訪問ケア・ステーション~ease~山崎美香 著
 
 
実施日: 平成29年9月15日(金)10時~11時30分
出席者名 : 藤原富美子 、 飯田美保
研修担当者:  菊池佳世、茂呂明子 
研修目的:フットケアの重要性と実技  
研修内容:        
1. 高齢者の足によく見られるトラブル
外反母趾.巻き爪・陥入爪.足白癬・爪白癬.胼胝(べんち)・鶏眼(けいがん)
 
2.足病変  ~足病変を起こしやすい疾患
    糖尿病.閉塞性動脈硬化(ASO).腎不全.関節リウマチなど
 
3.フットケア
   効果.種類.高齢者ケアの注意ポイントポイント
 
4.症状別観察ポイント 
   2の足病変ごとの観察ポイント
 
5.爪・足の構造  反射区 歩行時の体重移動 
 
実技
 
   1.足浴
 
2.爪切・フットトリートメント
  足浴バケツの選び方、ニッパーや爪やすりで爪の手入れ、フットトリートメントのデモを体験し
 、相モデルで実践しました。 
 

 
 

在宅医療勉強会

 在宅で必要な、食支援・認知症・看取り・排尿障害・個々の疾病の特徴(症状)等を、受講するだけで無く、順番に自分が講師となり皆に伝えると言う方法で、内容も学び人の前で話す技術も学ぶために、毎月勉強会を行っています。
 
 

H29.8月

 スピリチュアルケアとは、内省を深める事の支援。
~人間らしく自分らしく生きる事が出来るように支援すること、内省を深めることが出来るようにする事~
 
 淡々と、静かな声で講義をする山崎先生。「利用者が安楽死を望むようなら、皆さんのケアが足りないからだ。」との言葉に、自分の行っているケアで足りているのかな?しっかりと死と向き合えているのかな?今一度自分の心に聴いてみる...そんな講義でした。
 

H29.7月 

医療研修会 第4回  平成29年7月10日(月)
                      13:00~14:30  記録:渡邉
Cグループ  在宅医療テキスト(公益財団法人在宅医療助成勇美記念財団)
 
出席者  提責 梅田・渡邉
      Cグループ:青山・田中・林田・(欠席:桝谷)
 
●「スマホで学べる 在宅医療」e-learning 画面で、テキスト内容をアンダーラインなど
    で確認しながら聞き込む。
●章担当―田中:サルコペニアとフレイルの違いと特段の調理の事例を話しながらまとめる。
 
★第2章 在宅医療の臨床課題 
7―サルコペニアとフレイル       P54
8-嚥下障害           P56
 
7-診断基準と評価方法―EWGSOP(European Working Group on Sarcopenia in Older People)
の定義がある。サルコペニアは筋肉の減少を現す。
フレイルとはサルコペニアに比べて機能減退状態を広く捉えた考え方。
 ①体重減少 ➁疲れやすい ➂身体活動量の低下 ④歩行速度の低下 ➄筋力低下
※サルコペニアはフレイルティサイクルの中に入る。
原因によるサルコペニアの分類― 一次性(加齢)・二次性(活動・疾病・栄養)
8-・摂食嚥下障害を引き起こす問題―①誤嚥性肺炎➁脱水と低栄養➂食べる事の楽しみの喪失。
・診断―ベッドサイドアセスメント(RSST・WST・MWST・SSPTのアセスメントチャートでリハビル施行する。)
・精密検査―VF
・治療―薬物療法・口腔ケア・食物形態の工夫・各嚥下訓練など
 
●嚥下困難利用者の食事の工夫と口腔ケア―飲み込みやすい大きさと軟らかさを工夫
 口腔ケアの方法もその方に合わせて行った事例を話して内容を確認した。
 
 

H29.6月 

 
医療研修会 第3回  平成29年6月12日(月)
                      13:00~14:30  記録:渡邉
Cグループ  在宅医療テキスト(公益財団法人在宅医療助成勇美記念財団)
 
出席者  提責 梅田・渡邉
      Cグループ:青山・田中・林田・桝谷
 
●「スマホで学べる 在宅医療」e-learning 画面で、テキスト内容をアンダーラインなど
で確認しながら聞き込む。
●章担当―梅田:看取り研修での冊子から、在宅での看取りの様子をレジメと共に伝える。
 
★第1章 在宅医療総論 
7―家族ケア       P32 担当:梅田
8-看取り     P34 担当:梅田
 
7-在宅ケアにおける家族の役割と家族ケアは家族に合わせてその負担を軽減するように
心がける必要がある。
〇家族は―症状の変化に対応する。本人に代わって決断する。家族そのものとして。
ヘルパーの様に・看護師の様に・本人の代理人の様に・家族として。
〇家族に対してーグリーフケア:悲嘆における症状・複雑な悲嘆に発展するリスクを
考えて、グリーフケアが自然に進む様にサポートする。早期発見し短時間でも良いの
で頻回に話を聴く。
8-看取りの意義・プロセス・留意点・指導・死亡診断書の記載。
  看取り方には、個性と地域性がある。看取り方の幅広い範囲を伝え、看取り指導を継続的に行う
  事が必要。在宅での看取りを決めた時点で、家族関係を確認して、トラブルが無いように対応方
  法を助言しておく。家族には、死の準備教育・死亡確認までの身体の整容についての説明を行っ
  ておく。
 ※死亡時刻は、医師の死亡確認時刻ではなく、生物学的な死亡時刻であり、家族の観察に基づき
  死亡時刻を推測して記入する。(家族には、死亡推定の方法や死亡したと思われる時刻を記録しておく事を
  指導しておく。)
 
  梅田―レジメ:「幸せとは」「死ぬ時に後悔すること25」
       介護職として、利用者を見守りながら、身体の変化などを観察して、利用者の死
  を受け入れる心の準備をしておき、慌てない様にする。
  最後まで前向きに対応したい。
 

 
研修内容:高齢者のトラブルを解決するドイツ式フットケア(第3回)
           訪問ケア・ステーション~ease~山崎美香 著
実施日: 平成29年6月8日(木)22(木)15時30分~17時
出席者名 : 木村伸子  田中育美 滝島恭子
研修担当者: 茂呂明子 
研修目的:  フットケアの重要性と実技  
研修内容:   1. 高齢者の足によく見られるトラブル
                           外反母趾.巻き爪・陥入爪.足白癬・爪白癬.胼胝(べんち)・鶏眼(けいがん)
                  2.足病変  ~足病変を起こしやすい疾患
                       糖尿病.閉塞性動脈硬化(ASO).腎不全.関節リウマチなど
                  3.フットケア
                        効果.種類.高齢者ケアの注意ポイントポイント
                  4.症状別観察ポイント 
                       2の足病変ごとの観察ポイント
                  5.爪・足の構造  反射区 歩行時の体重移動 
実技:         1.足浴
      2.爪切・フットトリートメント
 

 

H29.5月 


研修内容:高齢者のトラブルを解決するドイツ式フットケア(第2回)
     訪問ケア・ステーション~ease~山崎美香 著
実施日: 平成29年5月29日(月)13時30分 ~ 15時00分
出席者名 : 臼井香 桝谷律子 藤田貴代美 高木千花

研修担当者: 菊池佳世 茂呂明子
研修目的:フットケアの重要性と実技
研修内容: 1. 高齢者の足によく見られるトラブル
               外反母趾.巻き爪・陥入爪.足白癬・爪白癬.胼胝(べんち)
                    鶏眼(けいがん)
        2.   足病変 ~足病変を起こしやすい疾患
             糖尿病.閉塞性動脈硬化(ASO).腎不全.関節リウマチなど
                3. フットケア
                       効果.種類.高齢者ケアの注意ポイントポイント
                4. 症状別観察ポイント
                       2の足病変ごとの観察ポイント
                5. 爪・足の構造 反射区 歩行時の体重移動

実技 :        1.  足浴
              2.  爪溝の手入れ及び、爪切り
        肥厚爪.巻き爪. コットンケア・テー ピング初めは付け爪で行
                        い、お互いの爪をケアする。
                3.  フットトリートメント
                        足浴バケツの選び方、ニッパーや爪やすりで爪の手入れ、
        フットトリートメントのデモを見た後でお互いのケア行う事で
        力加減の確認ができました。
 

 
医療研修会 第2回  平成29年5月8日(月)
                      13:00~14:30  記録:渡邉
Cグループ 第1回 在宅医療テキスト(公益財団法人在宅医療助成勇美記念財団)
 
出席者  提責 梅田・渡邉
      Cグループ:青山・田中・林田・桝谷
 
●「スマホで学べる 在宅医療」e-learning 音声のみで、テキスト内容をアンダーライン
などで確認しながら聞き込む。
★第1章 在宅医療総論 
1―在宅医療の今日的意義       P10
2-対象疾患と臨床課題          P14
3-在宅医療の導入              P16
4-在宅医療における診療の基本  P20
5-高齢者の診かた              P24
6-在宅実施検査                P28
 
1.現在の在宅医療水準―病院での治療が有効でなくなった障害を持つ患者、治療不能ながん患者が退院する
  ようになり、定期往診から訪問診療になった。すでに病院で一定程度究明されていて医療水準維持が比較
  的容易な患者がほとんどである。他職種が連携してサポートして行く。
2.自力通院が不能、基礎疾患は非がん患者約90% がん患者2割程度。総合医療のプライマリケア(総合
   診療・家庭医療の根幹)。主治医は患者や家族に託される事は医師として栄誉である。
3.外来から在宅へ移行するにあたり、退院時共同指導を含めて、事前の情報収集を行い、患者や家族の希望
  を聞き、治療ケア方針を決めて、在宅診療計画を立てる。
 4.訪問時の注意点、家族の不安に対応する、身体診察、検査の」位置づけ、などの基本。
 5.在宅医療を受けている高齢者の特徴―特異的な症状がなく、体調不良を適切に表現できないので日常生活
     から判断することも多い。身体機能、精神心理的機能、社会的状況など多角的に探り支援を効果的に
     考える。
6.検体検査、酸素飽和度測定、レントゲン、超音波、心電図、内視鏡、などの各検査機器の確認。(写真)
  以上を確認しながら、訪問看護事業所と訪問看護ステーションの違い、今後は在宅診療が増える事などを、
     付け加えながら、ケア経験の利用者の在宅診療の話などでまとめた。

H29.4月 

 医療研修会 第1回  平成29年4月10日(月)
                      13:00~14:00  記録:渡邉
 
Cグループ 第1回 在宅医療テキスト(公益財団法人在宅医療助成勇美記念財団)
 
出席者  提責 梅田・渡邉
      Cグループ:青山・田中・林田・桝谷
 
●オリエンテーリング:メンバーの紹介と今後の勉強方針と予定。目次を確認しながら、担当を決めて輪読していく事を確認。
今年度からは 「スマホで学べる 在宅医療」e-learning と共に学習していく。輪読の担当は、病気の種類を中心に必要な各章の担当を決めた。
 
②第1章/7・8(P32~35)  梅田
③第2章/2・3(P54~59)  田中
④第2章/8・9(P66~81)  青山
⑤第3章/3・4 (P98~105) 林田
⑥第4章/2・3(P122~133)桝谷
⑦第4章/4・5(P130~137) 渡邉
開催日は毎月第2月曜日(予定)とする。
 
          
今後の効果
・各項目担当が熟読を行い、質問などにも対応出来る様に勉強していく。
・医師用のテキストだと言う事を念頭に、専門職の意識が高まる事がねらい。
 
A:新井・久保田・小松・高木・普入    H29年3月終了
B:臼井・田村・橋本・畑山・櫻井・三浦  毎月第二金曜 事務所18:30
C:青山・田中・林田・桝谷         毎月第二月曜 904号室13:00

H29.3月

研修内容: 美容理論 電気シェーバーの使用方及び手入れ方法
実施日: 平成29年3月6日(14時~ 15時00分)
出席者名 : 髙橋尚美・横道佳子・藤原恵里・茂呂明子
研修担当者: 菊池佳世     
研修目的: 美容理論の理解
研修内容: 1.電気シェーバーのお手入れについて
                ・使用前に確認すること。
                ・使用方の注意とポイント(相モデルで実践)
                ・使用後の洗浄の仕方
               2.表情筋の働きに沿った清拭方法
                ・それぞれの部位にある筋肉の働き
                ・清拭の手順とポイント
              3.整容(ポイントメイクと整髪)
                ・整髪のポイントと保湿剤の利用
                ・アイブローの整え方とポイントメイク
                ・ネイルの簡単綺麗な塗り方
 

 ☆外出前のちょっとした整容を心がけるだけで、ご利用者様の気分が変わる!「綺麗」を心がけましょう。
 ☆整容することで気分転換や外出したい気持ちまたは日常を楽しめるよう、サービスとして提供できる範囲で行いましょう。
 

H29.2月 

研修内容:認知症勉強会 昼第3回
          「パーソン・センタード・ケアの理解」
                             「認知症の人が求める5つのニード」
実施日: 平成29年2月15日(水)12:00~13:30
        
出席者名 : 藤原(冨)・藤原・木村・田中・中村(智)
研修担当者: 進藤・竹前
研修目的:認知症について学ぶ
研修内容: 1、 パーソン・センタード・ケアについて。
       イギリスの心理学者、トム・キットウッド教授が認知症
                    の人の観察を長時間行い、どのような心理的ニーズが観
                    察されたかまとめている。心理的ニーズとは心で求めて
                    いること、欲求と言い換えても良い。
       混乱している認知症の人にどんなニーズが満たされてい
                    ないのだろう?と考えるのが大切。
       よい状態、良くない状態、そして、良くない状態に向か
                    わせる状況について学びました。
 
 2、認知症の人の心理的ニーズ
   ① くつろぎ(なぐさめ)
   ② じぶんらしさ(自分であること)
   ③ 結びつき(愛着、こだわり)
   ④ たずさわること(主体的活動)
   ⑤ 共にあること(常識、法律、習慣など)
 
 
             効果:その人らしさをケアの中心におく。真のニードを探り、
                      その人が理解でき、行動の意味も理解できる。
        援助者の視点から認知症の人の視点に転換することが
                     なぜ大切かを学ぶ事ができた。
 
 

H29.1月 

研修内容:高齢者トラブルを解決するドイツ式フットケア(第1回)
          訪問ケア・ステーション~ease~山崎美香 著
実施日: 平成29年1月25日(水)11時30分 ~ 12時30分
    平成29年1月26日(木)13時~14時30分
        
出席者名 : 25日 藤原恵里     26日 髙橋尚美・後藤雅美
研修担当者: 25日 菊池佳世         26日 茂呂明子 
研修目的:フットケアの重要性と実技
研修内容: 1. 高齢者の足によく見られるトラブル
            外反母趾.巻き爪・陥入爪.足白癬・爪白癬.胼胝(べんち)
                  鶏眼(けいがん)
  2.   足病変 ~足病変を起こしやすい疾患
                糖尿病.閉塞性動脈硬化(ASO).腎不全.関節リウマチなど
                3.  フットケア
                             効果.種類.高齢者ケアの注意ポイントポイント
                4.  症状別観察ポイント 
                             2の足病変ごとの観察ポイント
                5.  爪・足の構造  反射区 歩行時の体重移動 
 
実技 :        1.  足浴
              2.  爪溝の手入れ及び、爪切り
           肥厚爪.巻き爪. コットンケア・テー ピング初めは付け爪で行
                                い、お互いの爪をケアする。 
                3.  フットトリートメント
                          足浴バケツの選び方、ニッパーや爪やすりで爪の手入れ、
         フットトリートメントのデモを見た後でお互いのケア行う事で
         力加減の確認ができました。
 
有限会社ユピテル
〒188-0011 西東京市田無町3-3-7
                    海老沢第1ビル303
TEL.
  居宅支援:042-451-9132
  訪問介護:042-452-9323
  福祉用具:042-452-9228
FAX.  042-451-9140
事業所番号:
1375400205(介護保険)
1313900118(障害支援)
───────────────────
介護相談
居宅介護支援
訪問介護・総合事業等
居宅介護・同行援護等
生活支援(自費)
福祉用具貸与・販売
住宅改修
 
1
8
4
0
3
3
TOPへ戻る